PVのついている初回限定版の需要は今でも高いトラジ・ハイジ

トラジ・ハイジはTOKIOの国分太一とKinki Kidsの堂本剛によって結成された期間限定のユニットのことです。「ファンタスティポ」という国分・堂本W主演の映画がロードショーされたのを機にデビューしました。トラジ・ハイジとはその映画の中で2人が演じた登場人物の名前に由来しています。

 

2005年には「ファンタスティポ」という楽曲でデビューしました。CD発売のタイミングで「ミュージックステーション」や「うたばん」「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」などの各局の歌番組に出演しています。振り付けなどは1970年代のダンスを意識したもので、その古臭さが逆に人気になりました。しかも国分はTOKIOの時には演奏をしているので、ダンスをすることがなく貴重であるとして話題を呼びました。

 

初回盤にはPVと振付のマニュアルがついていました。先ほど紹介したように、振り付けがユニークで話題だったので発売直後から初回限定盤は売り切れが続出しました。初回限定なので、追加出荷は行われる、当時入手困難になったことが話題になったほどです。

 

現在でもこのCDを中古でいいので購入したいというファンは多いです。ネットオークションでも時々出品されているのが見られますし、入札も行われています。もし初回限定版のCDを持っていて処分しようと思っているのであれば、買取業者に出してみると高額査定のつく可能性も十分あります。

 

その他にも写真集やDVDも発売されていて、いずれも高い人気があります。状態が良ければ、それなりの買取金額がつく可能性もあるので興味のある人は査定に一度出してみるべきです。